東京都板橋区 警視庁板橋警察署 古物商許可(古物商免許)申請の代行を承ります。古物商許可申請書の作成、必要書類の取得のみの代行も承ります。

東京都板橋区 警視庁板橋警察署 中古車、古本屋、中古CD、リサイクル品、古美術など中古品を有償で買い取って販売するには、古物証許可が必要です。免許取得申請書の作成、必要書類の取得を行政書士が行います。また、申請を代行しています。

料金

1 申請書作成のみの場合

申請書作成 (個人のお客様)8,800円
  〃   (法人のお客様)        16,500円

2 申請書類作成と添付書類の取得の場合

申請書作成+添付書類の取得 (個人のお客様)11,000円
     〃        (法人のお客様)27,500円

3 申請書作成から申請まで

申請書作成から申請まで(個人のお客様)33,000円+警察署申請料19,000円
     〃     (法人のお客様)55,000円+警察署申請料19,000円

お問合せ

ほりえ行政書士事務所 080-1227-2301
土日祝日対応いたします。(午前8時から午後8時まで)
                  お気軽にお問合せください。 

メールでのお問い合わせはこちらから

書類等送付先

埼玉県さいたま市南区大谷口5435-2-501うらわイーストシティかつら街
行政書士 堀江成典  電話080-1227-2301

お振込先

三井住友銀行 武蔵浦和支店 普通 0352972 堀江 成典(ホリエ シゲノリ)

古物商許可を取りたい方へ

古物商許可証は、中古品の売買を行う際に必要となる公的な許可です。この許可証を取得することは、法律を遵守し、信頼できる業者であることを顧客に示す重要な手段です。特に、盗品等の不正な商品の売買を防ぐために重要な役割を担っています。

まず、古物商許可証を取得することにより、業者は公安委員会による厳格な審査を受けます。この審査には、犯罪歴の確認や事業所の設備の適正などが含まれ、これにより業者の信頼性が担保されます。許可を受けた業者は、売買される商品の出所を明確にし、不正な品物が市場に流通することを防ぐ責任があります。

また、古物商許可証は、顧客に対しても安心を提供します。許可証を持つ業者から購入することで、消費者は商品が合法的なルートから来ていると確信でき、万が一のトラブルが発生した場合には法的な保護を受けやすくなります。

許可を持たずに古物を扱うと、罰金や業務停止命令などの法的制裁を受けるリスクがあります。これは業者の信用だけでなく、経済的な損失にも直結します。そのため、適正な許可の取得は業者にとって必須であり、合法的かつ倫理的なビジネス運営の基盤となります。

古物市場において信頼性と透明性は非常に重要です。古物商許可証を持つことで、業者は適法性と社会的な責任を担保しつつ、消費者からの信頼を得ることができます。これは、持続可能なビジネスを築く上で不可欠な要素であり、全ての古物商にとって重要なステップです。

警視庁 古物営業のリンク

警視庁 古物営業 

警視庁管轄

板橋警察署

土日祝日対応!夜間電話対応中(8時~20時)