東京都台東区 警視庁上野警察署 古物商許可(古物商免許)申請の代行を承ります。古物商許可申請書の作成、必要書類の取得のみの代行も承ります。

東京都台東区 警視庁上野警察署 中古車、古本屋、中古CD、リサイクル品、古美術など中古品を有償で買い取って販売するには、古物証許可が必要です。免許取得申請書の作成、必要書類の取得を行政書士が行います。また、申請を代行しています。

料金

1 申請書作成のみの場合

申請書作成 (個人のお客様)8,800円
  〃   (法人のお客様)        16,500円

2 申請書類作成と添付書類の取得の場合

申請書作成+添付書類の取得 (個人のお客様)11,000円
     〃        (法人のお客様)27,500円

3 申請書作成から申請まで

申請書作成から申請まで(個人のお客様)33,000円+警察署申請料19,000円
     〃     (法人のお客様)55,000円+警察署申請料19,000円


 上記は東京都台東区の場合です。遠方の方の場合、別途交通費を頂戴いただきますが、相談の際に見積もりを出させていただきますのでご相談ください。

お問合せ

ほりえ行政書士事務所 080-1227-2301
土日祝日対応いたします。(午前8時から午後8時まで)
                  お気軽にお問合せください。 

メールでのお問い合わせはこちらから

書類等送付先

埼玉県さいたま市南区大谷口5435-2-501うらわイーストシティかつら街
行政書士 堀江成典  電話080-1227-2301

お振込先

三井住友銀行 武蔵浦和支店 普通 0352972 堀江 成典(ホリエ シゲノリ)

古物商営業の分野について

古物商の扱い分野を決める際には、以下のポイントを考慮することが重要です。

個人の興味と知識: 自身が興味を持ち、知識がある分野を選ぶことが成功の鍵です。趣味や過去の経験が活かせる分野であれば、より深い知識と情熱をもって事業を進めることができます。

市場調査: 潜在的な市場ニーズと顧客層を把握するために市場調査を行います。どのような商品が需要があり、どの地域にその顧客が多いかを調べることで、扱うべき商品の方向性が見えてきます。

競合の状況: 同じ分野を扱う他の古物商との競合を避けるため、競争が少ないニッチな市場を選ぶのも一つの戦略です。競合が少ない分野では、より顧客に選ばれやすくなります。

流動性と収益性: 商品が市場でどれくらい容易に売れるか、またどれくらいの利益を上げられるかを考慮することも重要です。高価なアンティークやレアアイテムは利益率が高い反面、売れるまでの時間が長くなることがあります。

法規制と管理: 扱う商品によっては特別な規制がある場合があります。例えば、武器や貴金属、古美術品などは特定の法律に従った取り扱いが必要になることがあるため、事前にしっかりと調査し理解しておく必要があります。

これらの点を総合的に検討し、自身の事業目標と市場の状況をマッチさせながら、最適な扱い分野を選定します。自分の得意分野を活かしつつ、市場のニーズに応える形で事業を展開していくことが古物商としての成功につながります。

警視庁 古物営業のリンク

警視庁 古物営業 

警視庁管轄

上野警察署

土日祝日対応!夜間電話対応中(8時~20時)