東京都港区 警視庁愛宕警察署 古物商許可(古物商免許)申請の代行を承ります。古物商許可申請書の作成、必要書類の取得のみの代行も承ります。

東京都港区 警視庁愛宕警察署 中古車、古本屋、中古CD、リサイクル品、古美術など中古品を有償で買い取って販売するには、古物証許可が必要です。免許取得申請書の作成、必要書類の取得を行政書士が行います。また、申請を代行しています。

料金

1 申請書作成のみの場合

申請書作成 (個人のお客様)8,800円
  〃   (法人のお客様)        16,500円

2 申請書類作成と添付書類の取得の場合

申請書作成+添付書類の取得 (個人のお客様)11,000円
     〃        (法人のお客様)27,500円

3 申請書作成から申請まで

申請書作成から申請まで(個人のお客様)33,000円+警察署申請料19,000円
     〃     (法人のお客様)55,000円+警察署申請料19,000円


 上記は東京都港区の場合です。遠方の方の場合、別途交通費を頂戴いただきますが、相談の際に見積もりを出させていただきますのでご相談ください。

お問合せ

ほりえ行政書士事務所 080-1227-2301
土日祝日対応いたします。(午前8時から午後8時まで)
                  お気軽にお問合せください。 

メールでのお問い合わせはこちらから

書類等送付先

埼玉県さいたま市南区大谷口5435-2-501うらわイーストシティかつら街
行政書士 堀江成典  電話080-1227-2301

お振込先

三井住友銀行 武蔵浦和支店 普通 0352972 堀江 成典(ホリエ シゲノリ)

副業で古物商許可を取りたい方

古物商営業の楽しさは、一言で言うと「宝探し」の感覚に似ています。毎日が新しい発見と学びの連続で、古い物に新たな命を吹き込む魅力に満ちています。古物という一点物に触れることで、その品が持つ歴史的価値や美しさを再発見し、それを顧客に伝える瞬間は特に心躍ります。

また、顧客との会話の中で、彼らの個性や趣味に合わせた商品を提案する過程は、単なる販売を超えたコミュニケーションの楽しみがあります。それぞれの顧客が求める「宝物」を見つけるための挑戦は、日々の仕事を新鮮でエキサイティングなものにしてくれます。

さらに、市場で見つけた未知のアイテムを研究し、その背景や価値を解明する過程は、まるで探偵のようなスリルがあります。その知識を活かして顧客に提供することで、その品物にさらなる価値を加えることができるのです。

古物商営業は、過去の品々が織り成す物語を紐解きながら、それを現代につなげる役割を担っているとも言えます。このようにして、古物商は歴史と現在をつなぎ、常に新しい発見と喜びを提供する職業です。

警視庁 古物営業のリンク

警視庁 古物営業 

東京都23区

愛宕警察署

土日祝日対応!夜間電話対応中(8時~20時)