東京都江東区 警視庁城東警察署 古物商許可(古物商免許)申請の代行を承ります。古物商許可申請書の作成、必要書類の取得のみの代行も承ります。

東京都江東区 警視庁城東警察署 中古車、古本屋、中古CD、リサイクル品、古美術など中古品を有償で買い取って販売するには、古物証許可が必要です。免許取得申請書の作成、必要書類の取得を行政書士が行います。また、申請を代行しています。

料金

1 申請書作成のみの場合

申請書作成 (個人のお客様)8,800円
  〃   (法人のお客様)        16,500円

2 申請書類作成と添付書類の取得の場合

申請書作成+添付書類の取得 (個人のお客様)11,000円
     〃        (法人のお客様)27,500円

3 申請書作成から申請まで

申請書作成から申請まで(個人のお客様)33,000円+警察署申請料19,000円
     〃     (法人のお客様)55,000円+警察署申請料19,000円


 上記は東京都江東区の場合です。遠方の方の場合、別途交通費を頂戴いただきますが、相談の際に見積もりを出させていただきますのでご相談ください。

お問合せ

ほりえ行政書士事務所 080-1227-2301
土日祝日対応いたします。(午前8時から午後8時まで)
                  お気軽にお問合せください。 

メールでのお問い合わせはこちらから

書類等送付先

埼玉県さいたま市南区大谷口5435-2-501うらわイーストシティかつら街
行政書士 堀江成典  電話080-1227-2301

お振込先

三井住友銀行 武蔵浦和支店 普通 0352972 堀江 成典(ホリエ シゲノリ)

古物商営業とフリーマーケット

古物商営業と地元フリーマーケットとの関連は、地域コミュニティにおける相互作用と商業活動の面で非常に重要です。フリーマーケットは、さまざまな商品を低価格で提供する場として、多くの人々を引き寄せるイベントです。古物商として参加することにより、一般の市場や小売店では触れられることのないユニークな商品を地元の人々に提供できるだけでなく、より広い客層に自店をアピールする絶好の機会を得ることができます。

古物商がフリーマーケットに参加する主な利点の一つは、地域社会との密接な関係を築くことです。この種の市場は地元住民が集まりやすいため、顧客と直接対話し、彼らのニーズや興味を理解する良い場となります。また、フリーマーケットは通常、家庭から不用になったアイテムが出品される場であるため、古物商にとっては新たな商品を発掘する場でもあります。これらを買い取り、修復または再生して再販することで、商品の価値を高め、利益を生み出すことが可能です。

警視庁 古物営業のリンク

警視庁 古物営業 

警視庁管轄

城東警察署

土日祝日対応!夜間電話対応中(8時~20時)