東京都葛飾区 警視庁葛飾警察署 古物商許可(古物商免許)申請の代行を承ります。古物商許可申請書の作成、必要書類の取得のみの代行も承ります。

東京都葛飾区 警視庁葛飾警察署 中古車、古本屋、中古CD、リサイクル品、古美術など中古品を有償で買い取って販売するには、古物証許可が必要です。免許取得申請書の作成、必要書類の取得を行政書士が行います。また、申請を代行しています。

料金

1 申請書作成のみの場合

申請書作成 (個人のお客様)8,800円
  〃   (法人のお客様)        16,500円

2 申請書類作成と添付書類の取得の場合

申請書作成+添付書類の取得 (個人のお客様)11,000円
     〃        (法人のお客様)27,500円

3 申請書作成から申請まで

申請書作成から申請まで(個人のお客様)33,000円+警察署申請料19,000円
     〃     (法人のお客様)55,000円+警察署申請料19,000円


 上記は東京都葛飾区の場合です。遠方の方の場合、別途交通費を頂戴いただきますが、相談の際に見積もりを出させていただきますのでご相談ください。

お問合せ

ほりえ行政書士事務所 080-1227-2301
土日祝日対応いたします。(午前8時から午後8時まで)
                  お気軽にお問合せください。 

メールでのお問い合わせはこちらから

書類等送付先

埼玉県さいたま市南区大谷口5435-2-501うらわイーストシティかつら街
行政書士 堀江成典  電話080-1227-2301

お振込先

三井住友銀行 武蔵浦和支店 普通 0352972 堀江 成典(ホリエ シゲノリ)

副業で古物商許可を取りたい方

古物営業がこれからの時代にますます重要になる理由は、その持続可能性と経済的な魅力にあります。現代社会では、環境に配慮した消費が強く求められています。新品を購入することが環境への負担となり得る中で、既に存在するアイテムを活用する古物営業は、エコフレンドリーな選択として注目を集めています。

また、古物には個性があり、同じものは二つと存在しない「一点物」としての価値があります。このユニークな魅力は、大量生産品では得られない満足感を消費者に提供し、市場において独自さを築いています。

さらに、デジタル化の進展により、古物営業はオンラインプラットフォームを活用しての販売を展開することが容易になっています。これにより、地域に限定されることなく広範な顧客層を開拓することができ、ビジネスの拡大が見込まれます。また、オンライン市場では、古物の詳細な情報や写真を共有することで、商品の透明性が向上し、消費者の信頼を獲得することが可能です。

古物営業はまた、文化遺産の保存という面でも重要な役割を担っています。歴史的な価値を持つアイテムを適切に扱い、次世代へと継承していくことは、私たちのアイデンティティを深めると同時に、歴史の教育的価値を高めます。

こうした背景から、古物営業はただの商売以上の価値を社会に提供しており、未来に向けての成長潜在力は非常に大きいと言えます。環境意識の高まりとともに、このビジネスは新たな展開を見せ、より多くの人々に支持される存在になると思われます。古物営業の可能性に、ぜひご注目ください。

警視庁 古物営業のリンク

警視庁 古物営業 

警視庁管轄

葛飾警察署

土日祝日対応!夜間電話対応中(8時~20時)