東京都墨田区 警視庁向島警察署 古物商許可(古物商免許)申請の代行を承ります。古物商許可申請書の作成、必要書類の取得のみの代行も承ります。

東京都墨田区 警視庁向島警察署 中古車、古本屋、中古CD、リサイクル品、古美術など中古品を有償で買い取って販売するには、古物証許可が必要です。免許取得申請書の作成、必要書類の取得を行政書士が行います。また、申請を代行しています。

料金

1 申請書作成のみの場合

申請書作成 (個人のお客様)8,800円
  〃   (法人のお客様)        16,500円

2 申請書類作成と添付書類の取得の場合

申請書作成+添付書類の取得 (個人のお客様)11,000円
     〃        (法人のお客様)27,500円

3 申請書作成から申請まで

申請書作成から申請まで(個人のお客様)33,000円+警察署申請料19,000円
     〃     (法人のお客様)55,000円+警察署申請料19,000円


 上記は東京都墨田区の場合です。遠方の方の場合、別途交通費を頂戴いただきますが、相談の際に見積もりを出させていただきますのでご相談ください。

お問合せ

ほりえ行政書士事務所 080-1227-2301
土日祝日対応いたします。(午前8時から午後8時まで)
                  お気軽にお問合せください。 

メールでのお問い合わせはこちらから

書類等送付先

埼玉県さいたま市南区大谷口5435-2-501うらわイーストシティかつら街
行政書士 堀江成典  電話080-1227-2301

お振込先

三井住友銀行 武蔵浦和支店 普通 0352972 堀江 成典(ホリエ シゲノリ)

古物商とブログ

古物商営業についてブログを書く際は、読者に魅力的で価値ある情報を提供し、同時にビジネスへの興味を引き出す内容を心がけることが重要です。

1. 読者を惹きつけるタイトル:

ブログのタイトルは、読者の興味を引き、クリックしてもらうための最初のポイントです。たとえば、「アンティーク家具の魅力と見極め方」や「古書に隠された歴史を探る」といった、興味をそそるフレーズを選びます。

2. 導入部で興味を喚起:

記事の初めに、読者の注意を引きつけるストーリーや質問を用いて、テーマの背景を設定します。例えば、ある特定のアンティークの背後にある歴史的なエピソードを紹介し、そのアイテムがどのようにしてあなたの手に渡ったのかを語ることができます。

3. 内容の具体化:

具体的なセクションに分けて情報を展開していくことで、読者が内容を理解しやすくなります。アンティーク家具の購入ポイント、保存方法、市場価値の見極め方など、テーマに応じた具体的なアドバイスを提供します。

4. 視覚的要素の使用:

画像やビデオを活用して、語られているアイテムの魅力を視覚的に示します。実際の商品の写真や、修復過程を映したビデオなどが有効です。これにより、記事がよりリアルで魅力的なものとなり、読者の関心をさらに引きつけることができます。

5. エンゲージメントを促す結び:

記事の最後には、読者に行動を促す呼びかけを入れることが重要です。例えば、コメントで自分の経験を共有するよう促したり、ニュースレターへのサインアップや店舗への訪問を勧めることで、読者との関連性を深めます。

6. SEOの最適化:

キーワードを適切に使用してSEOを意識することで、検索エンジンでの可視性を高め、より多くの読者に記事を届けることができます。タイトルや見出し、本文中に重要なキーワードを適切に配することがポイントです。

このように構成されたブログは、古物商営業の魅力と知識を伝える効果的なツールとなり、読者に価値ある体験を提供し、ビジネスの成長に貢献します。

警視庁 古物営業のリンク

警視庁 古物営業 

警視庁管轄

向島警察署

土日祝日対応!夜間電話対応中(8時~20時)