東京都練馬区 警視庁練馬警察署 古物商許可(古物商免許)申請の代行を承ります。古物商許可申請書の作成、必要書類の取得のみの代行も承ります。

東京都練馬区 警視庁練馬警察署 中古車、古本屋、中古CD、リサイクル品、古美術など中古品を有償で買い取って販売するには、古物証許可が必要です。免許取得申請書の作成、必要書類の取得を行政書士が行います。また、申請を代行しています。

料金

1 申請書作成のみの場合

申請書作成 (個人のお客様)8,800円
  〃   (法人のお客様)        16,500円

2 申請書類作成と添付書類の取得の場合

申請書作成+添付書類の取得 (個人のお客様)11,000円
     〃        (法人のお客様)27,500円

3 申請書作成から申請まで

申請書作成から申請まで(個人のお客様)33,000円+警察署申請料19,000円
     〃     (法人のお客様)55,000円+警察署申請料19,000円


 上記は東京都練馬区の場合です。遠方の方の場合、別途交通費を頂戴いただきますが、相談の際に見積もりを出させていただきますのでご相談ください。

お問合せ

ほりえ行政書士事務所 080-1227-2301
土日祝日対応いたします。(午前8時から午後8時まで)
                  お気軽にお問合せください。 

メールでのお問い合わせはこちらから

書類等送付先

埼玉県さいたま市南区大谷口5435-2-501うらわイーストシティかつら街
行政書士 堀江成典  電話080-1227-2301

お振込先

三井住友銀行 武蔵浦和支店 普通 0352972 堀江 成典(ホリエ シゲノリ)

古物商営業の魅力

古物商営業は、過去の宝物との出会いを通じて、歴史や文化に触れる喜びがあります。古い家具、陶磁器、アンティークの時計、レトロなアクセサリーなど、それぞれが物語を持っています。古物商として、私たちはこれらの品々を探求し、修復し、新たな愛着を育むお手伝いをしています。

古物商営業の魅力は、次の点にあります:

  1. 歴史の探求: 古物商は、過去の時代や文化に深く関心を持ちます。品物の背後にあるストーリーや製造技術を学ぶことは、知識の拡充と興奮をもたらします。
  2. 美的感覚の磨き: 古物商は美術品やアンティークを扱うため、美的感覚を磨く機会が豊富です。美しいデザインや独特の工芸品に触れることで、感性が磨かれます。
  3. コミュニティとのつながり: 古物商はコレクターや他の専門家と交流する機会があります。オークションや展示会、セミナーなどで知識を共有し、新たな友人を作ることができます。
  4. 環境への配慮: 古物商はリサイクルと再利用の観点からも重要です。アンティーク品を修復して再販することで、廃棄物の削減に寄与します。

古物商営業は、過去と現在を繋ぐ架け橋であり、知識と情熱を共有する素晴らしい仕事です。

警視庁 古物営業のリンク

警視庁 古物営業 

警視庁管轄

練馬警察署

土日祝日対応!夜間電話対応中(8時~20時)