東京都足立区 警視庁西新井警察署 古物商許可(古物商免許)申請の代行を承ります。古物商許可申請書の作成、必要書類の取得のみの代行も承ります。

東京都足立区 警視庁西新井警察署 中古車、古本屋、中古CD、リサイクル品、古美術など中古品を有償で買い取って販売するには、古物証許可が必要です。免許取得申請書の作成、必要書類の取得を行政書士が行います。また、申請を代行しています。

料金

1 申請書作成のみの場合

申請書作成 (個人のお客様)8,800円
  〃   (法人のお客様)        16,500円

2 申請書類作成と添付書類の取得の場合

申請書作成+添付書類の取得 (個人のお客様)11,000円
     〃        (法人のお客様)27,500円

3 申請書作成から申請まで

申請書作成から申請まで(個人のお客様)33,000円+警察署申請料19,000円
     〃     (法人のお客様)55,000円+警察署申請料19,000円


 上記は東京都足立区の場合です。遠方の方の場合、別途交通費を頂戴いただきますが、相談の際に見積もりを出させていただきますのでご相談ください。

お問合せ

ほりえ行政書士事務所 080-1227-2301
土日祝日対応いたします。(午前8時から午後8時まで)
                  お気軽にお問合せください。 

メールでのお問い合わせはこちらから

書類等送付先

埼玉県さいたま市南区大谷口5435-2-501うらわイーストシティかつら街
行政書士 堀江成典  電話080-1227-2301

お振込先

三井住友銀行 武蔵浦和支店 普通 0352972 堀江 成典(ホリエ シゲノリ)

副業で古物商許可を取りたい方

古物商免許を取得して営業を始めることは、ただ商品を売買する以上の深い喜びと充実感をもたらします。この免許は、アンティーク、古書、ビンテージの洋服やアクセサリーなど、時代を超えて価値のある品々を扱う権利を与えてくれます。それは、過去の宝物を未来へと継承する大切な役割を担います。

古物商としての活動は、単なる販売以上に、文化的な遺産との対話、そしてそれを通じた人々とのつながりを築くことができる業務です。それぞれのアイテムには、その時代の生活や文化が反映されており、それを顧客に伝えることで、彼らの知識と興味を深める手助けをすることができます。

また、古物商免許を持つことにより、特定の商品だけでなく、多種多様な商品を幅広く取り扱うことが可能になります。これにより、さまざまな顧客のニーズに応えることができるだけでなく、新しい興味や趣味を自分自身が発見することもあります。商品の背景にある歴史やストーリーを学び、共有することで、人々との会話も一層豊かなものになります。

古物商業務は、創造的で刺激的な環境でもあります。市場で新たに発見されたアイテムを鑑定し、価値を見出し、適切に価格をつける過程は、知識と直感が求められる挑戦的な作業です。このプロセスを通じて、業界内での専

門性と信頼性を高めることができます。

古物商免許を取得し、その業務に従事することで、過去の価値あるアイテムを未来へと繋げ、その過程で多くの人々と深い関わりを持つことができる、まさに文化の継承者としての役割を果たすことができます。あなたもこの魅力的な世界に足を踏み入れてみませんか?

警視庁 古物営業のリンク

警視庁 古物営業 

警視庁管轄

西新井警察署

土日祝日対応!夜間電話対応中(8時~20時)