東京都板橋区 警視庁志村警察署 古物商許可(古物商免許)申請の代行を承ります。古物商許可申請書の作成、必要書類の取得のみの代行も承ります。

東京都板橋区 警視庁志村警察署 中古車、古本屋、中古CD、リサイクル品、古美術など中古品を有償で買い取って販売するには、古物証許可が必要です。免許取得申請書の作成、必要書類の取得を行政書士が行います。また、申請を代行しています。

料金

1 申請書作成のみの場合

申請書作成 (個人のお客様)8,800円
  〃   (法人のお客様)        16,500円

2 申請書類作成と添付書類の取得の場合

申請書作成+添付書類の取得 (個人のお客様)11,000円
     〃        (法人のお客様)27,500円

3 申請書作成から申請まで

申請書作成から申請まで(個人のお客様)33,000円+警察署申請料19,000円
     〃     (法人のお客様)55,000円+警察署申請料19,000円


 上記は東京都板橋区の場合です。遠方の方の場合、別途交通費を頂戴いただきますが、相談の際に見積もりを出させていただきますのでご相談ください。

お問合せ

ほりえ行政書士事務所 080-1227-2301
土日祝日対応いたします。(午前8時から午後8時まで)
                  お気軽にお問合せください。 

メールでのお問い合わせはこちらから

書類等送付先

埼玉県さいたま市南区大谷口5435-2-501うらわイーストシティかつら街
行政書士 堀江成典  電話080-1227-2301

お振込先

三井住友銀行 武蔵浦和支店 普通 0352972 堀江 成典(ホリエ シゲノリ)

副業で古物商許可を取りたい方

古物商許可証の取得は、合法的な中古品取引を行う上で不可欠ですが、特に盗品等の不正な商品の速やかな発見と防止において重要な役割を果たします。

古物商許可を持つことで、業者は公安委員会に登録され、定期的な監査や法令遵守の指導を受けることになります。これにより、業者は商品の出所を厳密に管理し、記録を取る義務があります。すべての取引には出所と身元を明確に記録することが求められ、盗品や不正な商品が市場に流通することを効果的に防ぐことができます。

公安委員会は、古物商からの報告を基に、不審な取引や疑わしい動きを迅速に捕捉することが可能です。許可を持たない業者が行う違法な取引は、しばしば盗品の売買に結びつきますが、古物商許可を持つ業者の活動は透明性が高く、警察との協力体制も整っているため、犯罪への抑止力にもなります。

顧客にとっても、古物商許可証を持つ業者であれば、商品が合法的な手段で取得されたものであるという安心感を持つことができます。万が一、購入した商品が盗品であった場合にも、警察と協力しやすい環境が整っており、迅速に対応することが可能です。

古物商許可を取得しないで営業する場合、法的な罰則の対象となるだけでなく、業界全体の信頼性の低下を招くことになります。古物市場における信頼性の確保と犯罪の防止は、公共の安全に直結しており、すべての古物商にとって古物商許可の取得とその遵守は極めて重要です。この許可証は、合法的で健全な市場環境を作り出すための基本的なステップであり、持続可能で安全なビジネス運営にとって大切なものです。

警視庁 古物営業のリンク

警視庁 古物営業 

警視庁管轄

志村警察署

土日祝日対応!夜間電話対応中(8時~20時)