東京都豊島区 警視庁巣鴨警察署 古物商許可(古物商免許)申請の代行を承ります。古物商許可申請書の作成、必要書類の取得のみの代行も承ります。

東京都豊島区 警視庁巣鴨警察署 中古車、古本屋、中古CD、リサイクル品、古美術など中古品を有償で買い取って販売するには、古物証許可が必要です。免許取得申請書の作成、必要書類の取得を行政書士が行います。また、申請を代行しています。

料金

1 申請書作成のみの場合

申請書作成 (個人のお客様)8,800円
  〃   (法人のお客様)        16,500円

2 申請書類作成と添付書類の取得の場合

申請書作成+添付書類の取得 (個人のお客様)11,000円
     〃        (法人のお客様)27,500円

3 申請書作成から申請まで

申請書作成から申請まで(個人のお客様)33,000円+警察署申請料19,000円
     〃     (法人のお客様)55,000円+警察署申請料19,000円


 上記は東京都豊島区の場合です。遠方の方の場合、別途交通費を頂戴いただきますが、相談の際に見積もりを出させていただきますのでご相談ください。

お問合せ

ほりえ行政書士事務所 080-1227-2301
土日祝日対応いたします。(午前8時から午後8時まで)
                  お気軽にお問合せください。 

メールでのお問い合わせはこちらから

書類等送付先

埼玉県さいたま市南区大谷口5435-2-501うらわイーストシティかつら街
行政書士 堀江成典  電話080-1227-2301

お振込先

三井住友銀行 武蔵浦和支店 普通 0352972 堀江 成典(ホリエ シゲノリ)

古物商営業の楽しさ(自動車編)

古物商で自動車を取引する仕事は、ただの車を売買する以上の深い魅力と喜びがあります。特にクラシックカーやレアなモデルを扱うことは、単なるビジネスを超え、自動車文化の保存者としての役割を担うことになります。

この仕事の最大の楽しさは、各車が持つユニークな歴史とストーリーを発見し、それを顧客や同好の士と共有することです。クラシックカーのハンドルを握るたび、あるいはそのエンジンを聞くたびに、その車が何十年にもわたって経験してきた冒険や、かつてのオーナーたちの情熱を感じ取ることができます。各車が持つ独特のデザイン、エンジニアリング、そして時代背景を理解することは、自動車愛好家としての知識と経験を深める素晴らしい機会です。

さらに、古物商としての専門性を生かして、希少価値の高い車を適切に評価し、必要な修復を行い、その車が本来持つ魅力を最大限に引き出すこともこの仕事の醍醐味の一つです。レストア作業は技術的な挑戦であり、完成した時の達成感は計り知れません。

また、クラシックカーを通じて構築されるコミュニティとのつながりも大きな喜びです。オークション、カーショーやクラブの集まりなど、同じ興味を持つ人々との交流は情報共有はもちろん、友情やビジネスチャンスを生む場となり得ます。自動車愛好家たちとの対話は、互いの見識を広げ、一層の情熱を育むことに繋がります。

このように、古物商で自動車を扱うことは、ただ古い車を売るのではなく、その歴史と魅力を未来につなぐ大切な役割を果たしています。自動車の過去と現在を繋ぎ、文化としての価値を高めていくことは、非常に充実感があり、やりがいのある仕事です。このロマンティックで情熱的なフィールドで、あなたも新しい歴史を作りませんか?

警視庁 古物営業のリンク

警視庁 古物営業 

警視庁管轄

巣鴨警察署

土日祝日対応!夜間電話対応中(8時~20時)