東京都台東区 警視庁浅草警察署 古物商許可(古物商免許)申請の代行を承ります。古物商許可申請書の作成、必要書類の取得のみの代行も承ります。

東京都台東区 警視庁浅草警察署 中古車、古本屋、中古CD、リサイクル品、古美術など中古品を有償で買い取って販売するには、古物証許可が必要です。免許取得申請書の作成、必要書類の取得を行政書士が行います。また、申請を代行しています。

料金

1 申請書作成のみの場合

申請書作成 (個人のお客様)8,800円
  〃   (法人のお客様)        16,500円

2 申請書類作成と添付書類の取得の場合

申請書作成+添付書類の取得 (個人のお客様)11,000円
     〃        (法人のお客様)27,500円

3 申請書作成から申請まで

申請書作成から申請まで(個人のお客様)33,000円+警察署申請料19,000円
     〃     (法人のお客様)55,000円+警察署申請料19,000円


 上記は東京都台東区の場合です。遠方の方の場合、別途交通費を頂戴いただきますが、相談の際に見積もりを出させていただきますのでご相談ください。

お問合せ

ほりえ行政書士事務所 080-1227-2301
土日祝日対応いたします。(午前8時から午後8時まで)
                  お気軽にお問合せください。 

メールでのお問い合わせはこちらから

書類等送付先

埼玉県さいたま市南区大谷口5435-2-501うらわイーストシティかつら街
行政書士 堀江成典  電話080-1227-2301

お振込先

三井住友銀行 武蔵浦和支店 普通 0352972 堀江 成典(ホリエ シゲノリ)

古物商営業のスタートについて

事業計画の策定: 古物商としてどのような商品を取り扱うか、どの市場にターゲットを絞るか明確にします。例えば、ビンテージ衣類、アンティーク家具、古書、レコードなど、専門性を持つ分野を定めることが成功への第一歩です。

仕入れルートの確保: 商品の仕入れは、オークション、地元のフリーマーケット、個人からの直接購入、オンラインマーケットプレイスなど多岐にわたります。安定して商品を確保できる信頼性の高い仕入れルートを構築することが重要です。

物理的な店舗とオンラインの両方での展開: 実店舗を構える場合、立地選びが重要です。また、インターネットの利用が広がっている今、オンラインショップの開設も考慮に入れましょう。ソーシャルメディアを利用したプロモーションやオンラインでの顧客対応も重要です。

マーケティング戦略: ターゲット顧客に合わせたマーケティング戦略を策定し、宣伝活動を計画的に行います。SEO対策されたウェブサイト、SNSを利用した情報発信、メールマガジンなどを通じて、店舗の魅力と商品情報を伝えることが集客につながります。

顧客サービスの充実: 良質な顧客サービスを提供することでリピーターを増やし、口コミでの評判を良くしていくことが大切です。顧客一人一人に合わせた接客やアフターサービスを心掛けましょう。

適切な価格設定: 商品の価値を正確に評価し、適切な価格設定が重要です。市場の需要と供給を考慮しつつ、適正価格で販売することで、健全な経営が可能となります。

これらのステップを踏むことで、古物商営業を成功させるための基盤が築かれます。市場のニーズを把握し、継続的にビジネスモデルを見直しながら、柔軟に対応することが重要です。

警視庁 古物営業のリンク

警視庁 古物営業 

警視庁管轄

浅草警察署

土日祝日対応!夜間電話対応中(8時~20時)