東京都文京区 警視庁駒込警察署 古物商許可(古物商免許)申請の代行を承ります。古物商許可申請書の作成、必要書類の取得のみの代行も承ります。

東京都文京区 警視庁駒込警察署 中古車、古本屋、中古CD、リサイクル品、古美術など中古品を有償で買い取って販売するには、古物証許可が必要です。免許取得申請書の作成、必要書類の取得を行政書士が行います。また、申請を代行しています。

料金

1 申請書作成のみの場合

申請書作成 (個人のお客様)8,800円
  〃   (法人のお客様)        16,500円

2 申請書類作成と添付書類の取得の場合

申請書作成+添付書類の取得 (個人のお客様)11,000円
     〃        (法人のお客様)27,500円

3 申請書作成から申請まで

申請書作成から申請まで(個人のお客様)33,000円+警察署申請料19,000円
     〃     (法人のお客様)55,000円+警察署申請料19,000円


 上記は東京都文京区の場合です。遠方の方の場合、別途交通費を頂戴いただきますが、相談の際に見積もりを出させていただきますのでご相談ください。

お問合せ

ほりえ行政書士事務所 080-1227-2301
土日祝日対応いたします。(午前8時から午後8時まで)
                  お気軽にお問合せください。 

メールでのお問い合わせはこちらから

書類等送付先

埼玉県さいたま市南区大谷口5435-2-501うらわイーストシティかつら街
行政書士 堀江成典  電話080-1227-2301

お振込先

三井住友銀行 武蔵浦和支店 普通 0352972 堀江 成典(ホリエ シゲノリ)

古物商営業の楽しさ(書籍編)

古物商で書籍を扱う仕事は、ただの本屋以上の深い魅力があります。これは単なる販売業務ではなく、歴史に触れ、知識を深め、文化の橋渡しをすることです。

まず、古書の発掘は宝探しのような興奮を伴います。市場やオークションで見つけた貴重な初版やサイン入りの書籍などは、それ自体が物語を持っています。その背景にある作家の思いや時代背景を学びながら、それぞれの書籍がどのような価値を持っているかを見極める過程は、知的な楽しさに満ちています。

さらに、古書を適切に保存し、次世代に繋げる役割を担うことは、大きな使命感を感じることができます。時には修復が必要な場合もあり、その技術を磨くこともまた、専門性の高さを求められる仕事です。

顧客との関係構築も大きな喜びの一つです。顧客一人ひとりの興味や求めている情報を理解し、それに応じた書籍を提案することで、彼らの学びや趣味の一助となることは非常に充実感があります。時には特定の書籍を求める顧客のために、長期にわたり探し続けることもあり、見つかった時の喜びはひとしおです。

また、書籍を通じての展示会や読書会など、コミュニティとの交流を深めるイベントを開催することで、さらに多くの人々との繋がりを持つことが可能です。これらの活動は、地域文化の振興に寄与するとともに、自身のビジネスの発展にもつながります。

書籍を扱う古物商は、ただの職業を超えた、知的好奇心と文化への愛を育む場です。このロマンあふれる世界を一緒に探求しましょう。

警視庁 古物営業のリンク

警視庁 古物営業 

警視庁管轄

駒込警察署

土日祝日対応!夜間電話対応中(8時~20時)