東京都文京区 警視庁富坂警察署 古物商許可(古物商免許)申請の代行を承ります。古物商許可申請書の作成、必要書類の取得のみの代行も承ります。

東京都文京区 警視庁富坂警察署 中古車、古本屋、中古CD、リサイクル品、古美術など中古品を有償で買い取って販売するには、古物証許可が必要です。免許取得申請書の作成、必要書類の取得を行政書士が行います。また、申請を代行しています。

料金

1 申請書作成のみの場合

申請書作成 (個人のお客様)8,800円
  〃   (法人のお客様)        16,500円

2 申請書類作成と添付書類の取得の場合

申請書作成+添付書類の取得 (個人のお客様)11,000円
     〃        (法人のお客様)27,500円

3 申請書作成から申請まで

申請書作成から申請まで(個人のお客様)33,000円+警察署申請料19,000円
     〃     (法人のお客様)55,000円+警察署申請料19,000円


 上記は東京都文京区の場合です。遠方の方の場合、別途交通費を頂戴いただきますが、相談の際に見積もりを出させていただきますのでご相談ください。

お問合せ

ほりえ行政書士事務所 080-1227-2301
土日祝日対応いたします。(午前8時から午後8時まで)
                  お気軽にお問合せください。 

メールでのお問い合わせはこちらから

書類等送付先

埼玉県さいたま市南区大谷口5435-2-501うらわイーストシティかつら街
行政書士 堀江成典  電話080-1227-2301

お振込先

三井住友銀行 武蔵浦和支店 普通 0352972 堀江 成典(ホリエ シゲノリ)

古物商営業の楽しさ(美術品編)

古物商として美術品を扱うことは、ただの商売を超えた深い喜びと情熱を提供します。美術品は単なる物ではなく、それぞれが独自の歴史を持ち、過去の文化や技術、そして芸術家の創造力を今に伝える貴重な証です。これらを取り扱うことで、我々は美術の専門家であると同時に、歴史の伝承者となり得ます。

まず、美術品を扱う楽しさは、その発掘から始まります。市場で見つけたり、オークションで手に入れたりする一点ものが、どのような価値を持っているのかを見極める過程は、まるで宝探しのようなワクワク感があります。それぞれの作品には、見えないストーリーが込められており、その解明は知的な冒険とも言えるでしょう。

次に、古物商として美術品を維持・保存することも大切な役割です。年月を経た作品を適切に扱い、次世代に継承するための方法を学ぶことは、文化財を守る使命感にも繋がります。これは、単に物を売買する以上の、社会的な貢献とも考えられます。

さらに、美術品を通じて顧客との関係を築くことは非常に充実しています。顧客一人ひとりの好みや求めるものを理解し、最適な作品を提案することで、その人の生活や心に豊かさをもたらすことができます。また、顧客との対話を通じて自身の知識も深まり、相互に影響を与えあう関係は大きな喜びをもたらします。

最後に、美術品の展示や販売イベントを行うことで、より広いコミュニティとの繋がりを持つことができます。地域の文化活動に寄与し、美術愛好家や他の古物商とのネットワークを築くことは、個人的な成長だけでなく、ビジネスの発展にも寄与します。

このように、古物商で美術品を扱うことは、経済的な利益だけでなく、文化的な豊かさや社会への貢献、人間関係の構築にもつながる、多面的で魅力的な仕事です。美術品を通じて、過去から未来への架け橋となる喜びを、ぜひ一緒に感じてみませんか?

警視庁 古物営業のリンク

警視庁 古物営業 

警視庁管轄

富坂警察署

土日祝日対応!夜間電話対応中(8時~20時)